レジェンドの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

新車値引き一口コメント

新型なのでレジェンドの値引きのガードは固めです。しかしクラウンマジェスタ、フーガハイブリッド、レクサスGSハイブリッドなどと競合させましょう。最後はホンダ同士の争いに持ち込みましょう。

ホンダ レジェンド限界値引き額

30万円

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずレジェンドの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

フロアマット

レジェンド純正フロアマット

  • プレミアム 73,440円

社外品レジェンド用フロアマット


・純正品との差額 5.7万円以上

レジェンドのフロアマットに上記の社外品を選んだ場合、純正品の定価より5.7万円以上の割安となるため、交渉するプレッシャーなしにそれだけの値引きを達成したのと同じ効果が得られます。

こちらの社外品フロアマットは22色から選べて、純正品にも見劣りしないハイクオリティなので、コスパ的にもすぐれています。

2列シートのレジェンドであれば、フロアマットを取りつけるのも大した労力がかからないため、自分でつけてもいいですし、もし面倒なら新車購入のタイミングにディーラーに持ち込んでお願いすれば、たいてい工賃サービスで引き受けてくれます。

ドライブレコーダー

レジェンド純正ドライブレコーダー

  • フロント用(GPS/液晶モニター付) 28,080円
  • フロント用(液晶モニター付) 22,464円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 1.6万~2.2万円以上

レジェンドに装備するドライブレコーダーは純正品でもいいのですが、ここは性能面で純正品に引けを取らず、かつ低コストで費用対効果にすぐれた社外品も比較検討したいところ。

ドライブレコーダーの取りつけは慣れていないと難しいため、レジェンドを購入する時にディーラーへ持ち込み、取りつけをお願いすると同時に、工賃について値引き交渉するといいでしょう。

コウさん
コウさん

レジェンドの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

月販目標台数

1000台

レジェンド取り扱いディーラー

ホンダ全店

価格帯

707万4000円

レジェンドのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

2019年1月 一部改良

モデルチェンジ推移

2018年2月8日マイナーチェンジ
2014年11月10日フルモデルチェンジ
2010年10月21日一部改良
2008年9月4日マイナーチェンジ
2006年10月5日一部改良
2005年9月一部改良
2004年10月7日デビュー

主要諸元

全長×全幅×全高(mm)
5030×1890×1480
最小回転半径(m)

6.0

室内長×室内幅×室内高(mm)
2080×1540×1155
乗車定員(名)

5

車両重量(kg)
1990
駆動方式
4WD
排気量(cc)
3471
Fモーター
Rモーター
最高出力 kW(PS)/r.p.m
231[314]/6,500
35[48]/3,000
27[37]+27[37]/4,000
最大トルク N・m(kg・m)/r.p.m
371[37.8]/4,700
148[15.1]/500-2,000
73[7.4]+73[7.4]/0-2,000
燃費(km/L)

16.4

使用燃料
ハイオク

有効な競合車

クラウンマジェスタ フーガハイブリッド レクサスGSハイブリッド

レジェンドを残価設定ローンで購入した場合の支払額は?

ここでは、レジェンドを残価設定ローンで購入した場合の支払額をシミュレーションしています。

3年(36回払い)と5年(60回払い)の2パターンで作っているので、皆さんがレジェンドを購入する時の参考にどうぞ。

グレード名 レジェンド ハイブリッドEX
車両本体価格 7,074,000円
車両本体値引き ▲190,000円
メーカーオプション価格 54,000円
ディーラーオプション価格 187,583円
ディーラーオプション値引き ▲36,000円
諸費用 219,770円
支払総額 7,309,353円
頭金 0円
ローン元金 7,309,353円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 3.5% 3.5%
初回 152,502円×1回 109,123円×1回
2回目以降 152,000円×34回 108,400円×58回
最終回(残価) 2,508,000円×1回
(32.0%)
1,716,000円×1回
(21.1%)
金利を含む支払総額 7,828,502円 8,112,323円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。

※また、販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
ガラスコーティング・ポリマー加工・車磨きなら横浜エリア・平塚の早野ぴっかり工房へ