あなたのヴィッツを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

ヴィッツのガチな査定相場を紹介!

ヴィッツの無料ネット査定

あなたのヴィッツ、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがヴィッツの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

ヴィッツの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のヴィッツの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

ヴィッツのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見られないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのヴィッツを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定の利用実例」として車両情報と車の画像をサイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のヴィッツの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】ヴィッツの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

ヴィッツで査定が高くなる組み合わせは?

ヴィッツの高額査定が期待できる組み合わせは?

ヴィッツで高い査定が出るグレードはコレ!

1.0F Mパッケージ
GRスポーツGR
GRスポーツ
ハイブリッド ジュエラ
4WD

ヴィッツで高額査定が期待できるグレードはこちらになります。

リーズナブルな価格で人気が高い1.0F Mパッケージは、新車価格に対する中古車査定価格が高い=相対的な残価率の高さが、ヴィッツの売却でも最大限にお得感が引き出せるグレードの一つです。

スポーティーな内外装・エアロが特徴的なGRスポーツGRGRスポーツは、年代を問わずアクティブなユーザーからの人気が高く、中古車市場でも引き合いが多いため、ヴィッツ各グレードの中でも高価査定が期待できます。

また、自分で乗る時もアグレッシブなドライビングを楽しめるため、初期費用に見合った価値が期待できます。

初期費用が高いため、新車価格に対する残価率が低くなりがちなヴィッツのハイブリッド車ですが、その環境性能などから購入されるユーザーも多いと思います。

そういう方にはハイブリッド車の中でも残価率の高いハイブリッド ジュエラが有利です。

また、4WDは販売台数が少ないものの、雪道や悪路走行など一定のニーズが確保されていることから、ヴィッツの中古車査定でも安定して高水準の査定相場があるため、おススメできます。

ヴィッツを購入する時は、売却時のお得も視野に入れて、これらのグレードについてご検討いただければと思います。

ヴィッツで高い査定が出る人気色はコレ!

ヴィッツの高額査定が期待できる人気カラー

ホワイトパールクリスタルシャイン
ブラックマイカ

ヴィッツの買取で高額査定を狙うなら、上記の人気2カラーがおススメです。

明るさと清潔感が印象に残るホワイトと、落ち着きと信頼感を与えるブラックは、どちらも日本人が昔から好むカラーであり、定番の人気を誇ります。

そのため、中古車販売店としても売れ残るリスクが低いため、積極的に仕入れたがります。

結果、ヴィッツの買取査定もアップして貰えるのです。

ヴィッツの中古車査定相場を調べてみると、3年以内の売却では、ホワイト・ブラック系カラーとその他のカラーでは、買取査定金額に10万~30万円もの差がついていました。

購入する時、どのカラーを選ぶかだけで、10万~30万円もお得/損してしまうって、凄くありませんか?

ヴィッツを購入する時は、買い替え・売却も意識したカラー選びが大切です。

ヴィッツで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

トヨタ セーフティセンスC
スマートエントリーセット
LEDランプセット

ヴィッツに装着するメーカーオプションの中でも、より高額な買取査定が期待できるものが、こちらになります。

ヴィッツの高額査定が期待できる人気オプション・トヨタセーフティセンス

自動ブレーキなど、安全性能を高めるトヨタ セーフティセンスCは、多くのグレードに標準装備されていますが、されていないヴィッツについては、是非ともつけておきたいオプションの一つです。

ヴィッツの高額査定が期待できる人気オプション・スマートエントリーシステム

スムーズなエンジン始動を実現するスマートエントリーセットは、一度つけてみるとその便利さに驚き。管理人も愛用しています。

ヴィッツの買取査定アップはもちろん、自分で乗る上でもつけておきたいオプションです。

ヴィッツの高額査定が期待できる人気オプション・LEDヘッドランプ

LEDランプセットは、その明るさと長寿命から人気が高く、オプション料金以上のリセールバリューとはいかないものの、ヴィッツの買取査定に大きくプラスとなるため、つけておいた方がいいでしょう。

これらのオプションを活かして、よりお得なヴィッツの売却を目指しましょう。

タンクの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

ヴィッツの査定ダウンにつながる不人気カラー

シルバーメタリック
ルミナスイエロー

これらのカラーは、ヴィッツの買取におけるマイナス査定の対象となってしまいます。

先ほど紹介した人気のホワイト・ブラック系カラーと比べて、買取査定で10万~30万円もの価格差が出てしまい、これでは大損です。

それでも「損得にこだわらず、愛車のカラーくらい自由に選びたい」という考えもあるでしょうから、個人的にはそれもアリだと思っています。

修復歴による査定の減額

インプレッサの査定ダウンにつながってしまう修復歴

ぶつけたり壊したりなどで修復歴アリに該当するヴィッツは、修復歴のないヴィッツに比べて査定相場が大幅にダウンしてしまいます。

ダメージの深刻さ度合いにもよりますが、5年以内の売却だと30万~50万円もヴィッツの買取査定がダウンしてしまっているため、そんな事で泣きを見ないよう、日頃から傷つけない・汚さないことを心掛けてヴィッツに乗りましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

ヴィッツの査定相場に影響するモデルチェンジ

一般的に、中古車の査定相場はモデルチェンジによって、その前後の年式に大きな差額が生じます。

ヴィッツの内外装やエンジンの仕様等が大きく更新されるフルモデルチェンジはもちろん、フルモデルチェンジよりは小規模ながら、やはり内外装やエンジン等に改装が加えられるマイナーチェンジは、ユーザーの注目を集めるため、新旧モデルの査定相場に影響を与えるのです。

新モデルのヴィッツは高く、相対的に旧モデルのヴィッツが安くなります。

モデルチェンジのタイミングでヴィッツの売却を考えている時は、少しでも査定相場が下がらない、早目のタイミングでヴィッツを売却するようにしましょう。

ヴィッツの査定相場は、一般的にモデルチェンジの入る約3ヶ月前から下がり始めますから、モデルチェンジに関する情報を事前にキャッチして、早めにに売れるよう計画を立てましょう。

輸出によるヴィッツの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

現行モデル(2010年12月~)
新車登録から3年以内(1000ccのみ) 60万~70万円
新車登録から5年以内 30万~50万円
新車登録から5年超過 15万~30万円
2代目(2005年2月~2010年12月) 5万円前後
初代(1999年1月~2005年1月) 5万円前後

過走行や修復歴によって、国内市場では「ちょっと……」となってしまうようなヴィッツであっても、輸出買取相場に出せれば上記の価格帯で買い取ってもらえる可能性があります。

規制年内にヴィッツ売却を予定しているのであれば、規制年内にヴィッツが輸出先に届いている必要があります。

手続きに時間がかかるため、余裕をもって規制年リミットの半年~4か月前にはヴィッツを売却できるようにしましょう。

タイミングを逃して規制年をオーバーしてしまうと、査定金額が大幅にダウンしてしまうリスクがあります。

ちなみに、ヴィッツを輸出買取相場で買い取って貰うためには、ディーラーではなく買取店での査定が前提となります。

ディーラー下取りでは「価値なし」&「処分手数料」という残念極まるコンディションであっても、中古車買取店なら最悪でも5万円程度で買い取って貰えるチャンスが残されています。

なので「距離を走りすぎちゃったから」「10年以上経っちゃったから」等と諦めて廃車にする前に、買取店で査定して貰うようにしましょう。

ただし、完全に乗り潰してウンともスンとも言わないレベルのヴィッツだと、さすがに輸出買取相場でも値段がつかなくなってしまうかも知れないため、最低でもキチンと乗れる・走れる状態でヴィッツを売却しましょう。

ヴィッツの査定相場と残価率は?ディーラー下取り相場と推移を比較

ヴィッツの査定相場と残価率

実際の業者オークション相場から抽出した、ヴィッツの査定相場データです。

皆さんがヴィッツを売るタイミングの参考にしてください。

現行型(初代)ヴィッツハイブリッドの査定相場(2018年8月査定)

現行型(初代)ヴィッツハイブリッドの査定相場と残価率

2017年1月~販売中

ヴィッツ ハイブリッドF/型式:NHP130/色:白黒/修復歴なし/新車価格181.9万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 139万円 76.4% 114万円
2017年 1.0万キロ 110万円 60.4% 97万円

現行型(初代)ヴィッツハイブリッドの査定相場と残価率を、年式別にまとめました。

当年モデルが新車比で約40万円(残価率約24%)と大きく下落し、1年落ちで約30万円(残価率約16%)とやや下落が軽減されるものの、今後、3年落ちでは普通乗用車の平均値(50~55%)を割り込む見通しとなっています。

現行型(3代目)ヴィッツの査定相場(2018年8月査定)

現行型(3代目)ヴィッツの査定相場と残価率

2010年12月~販売中

ヴィッツ 1.0F Mパッケージ/型式:KSP130/色:白黒/修復歴なし/新車価格118.1万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 –万キロ –万円 –% 88万円
2017年 1.1万キロ 95万円 80.4% 74万円
2016年 1.5万キロ 77万円 65.1% 56万円
2015年 3.0万キロ 66万円 55.8% 49万円
2014年 3.8万キロ 51万円 43.1% 33万円
2013年 5.0万キロ 27万円 22.8% 18万円
2012年 4.1万キロ 26万円 22.0% 9万円
2011年 7.2万キロ 22万円 18.6% 1万円

現行型(3代目)ヴィッツの査定相場と残価率を、年式別にまとめました。

2018年式の取引台数はゼロでしたが、査定相場の下落傾向などから110万円(残価率約93%)前後と推定されます。

査定相場を年式で追っていくと、2017年1月と2014年4月に入ったマイナーチェンジをはじめ、5年落ち2013年式までは10万~25万円前後/年のペースで下がっていき、それ以降は5万円以内/年と緩やかな値下がり傾向となっています。

ところで、表の右端にヴィッツをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べて10万~25万円ほど安くなっているのがわかります。

これはディーラーが(既定のマニュアルにない)人気カラーやオプション等を考慮しないで査定するために生じる差額で、ディーラー査定を鵜呑みにすると、これだけ損してしまう危険性を意味しています。

一度、買取店で査定して貰って、ヴィッツの適正な査定相場を知っておくことで、賢くヴィッツを売却して欲しいと思います。

先代ヴィッツの査定相場(2018年8月査定)

2代目ヴィッツの査定相場と残価率

2005年2月~2010年12月生産モデル

ヴィッツ 1.0F/型式:KSP90/色:白黒/修復歴なし/新車価格118.1万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2010年 7.3万キロ 6万円 5.0% 0万円
2009年 9.1万キロ 4万円 3.3% 0万円
2008年 10.6万キロ 3万円 2.5% 0万円

先代ヴィッツの査定相場と残価率を、10年落ちまでまとめました。

フルモデルチェンジによって型落ちした先代ヴィッツは査定相場が急落、多くのクルマで査定相場が残っていない状態でした。

それでも、ディーラー下取りで「ゼロ円&処分手数料」などと査定されても諦めず、買取店で査定して貰うようにしましょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

11年落ち&16万キロ超!低年式&過走行のヴィッツでも売れるのか?

1999年1月の初代デビューからロングセラーとなっている大人気のヴィッツですが、低年式(10年落ち超)や過走行(走行距離10万キロ超)のヴィッツでも、査定相場は残るでしょうか。

そこで、ここでは業者オークションを調査して低年式&過走行のヴィッツを1台ピックアップ。ヴィッツの査定相場が残る傾向について分析・紹介していきます。

低年式&過走行のヴィッツに査定相場は残るか?
2007年式 2代目ヴィッツ 16.4万キロ グレー 修復歴なし 
 10万円

今回は低年式&過走行に加えて「エンジン異音」「コアサポート・前クロスメンバー・前サイドメンバー鈑金塗装(修復)跡」「左側修復跡、各部キズ・凹み」等々、かなり酷使された末に寿命が近づきつつあるヴィッツですが、10万円の査定相場が残っていました。

とは言え、ここまで来ると査定相場が残らないヴィッツの方が多くなっているため、以下に低年式&過走行ヴィッツの査定相場が残りやすい傾向をまとめます。

※現行型(3代目)ヴィッツ(ハイブリッド含む)は年式・走行距離に関係なくすべてのクルマに15万~30万円以上の査定相場が残っていため、ここでは2代目・初代ヴィッツについて取り上げます。

査定相場が残るのは10台に1台
走行距離は不問(どの走行距離でも残るものは残る)
7万キロ台まで低走行であれば、査定相場が残りやすい
年式は不問(どの年式でも残るものは残る)
ボディカラーはホワイトパール&ブラックが有利
排気量は1,300㏄よりも1,000㏄が有利
グレードはRSが有利(3台に1台は査定相場が残る)
※RSの中ではマニュアル(5MT)が有利
※ただし、不動車でなくきちんと乗れる状態が大前提

これらの条件をより満たすヴィッツほど査定相場の残る可能性が高まるものの、それでも査定相場が残らなかったヴィッツも多い状態でした。

とは言え、ディーラー下取りでは低年式や過走行を理由に問答無用で「ゼロ円&処分手数料」などと査定されてしまう事が多いため、買取店で査定して貰って、最後まで可能性を追求したいところです。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら