エクストレイルの人気グレードを比較!グレードの違いを分析、おすすめグレードも紹介

エクストレイルの人気グレードを比較

9年ぶりのフルモデルチェンジで圧倒的な魅力を身に着けたエクストレイル!

大きく分けてノーマル系、エクストリーマーX、オーテックの3タイプのバリエーションがありますが、グレード選びにあたり

  • X e-4ORCEとS e-4ORCE、コストパフォーマンスが高いのはどっち?
  • X e-4ORCE エクストリーマーXとX e-4ORCEはどこが違う
  • オーテック e-4ORCEとG e-4ORCEはどっちが買いか?

などが悩みどころではないでしょうか?

ここではエクストレイルの人気グレードの違いを分析、更におススメグレードを紹介してお悩み解消のお手伝いをします!

また当社中古車販売店ならではの、業者オートオークション取引台数から割り出した、売れているグレードの人気ランキングと、3年後のリアルなリセール予測も紹介しているので、エクストレイルのグレード選びの参考にどうぞ。

エクストレイルのグレード一覧

グレード名価格(円)カタログ燃費(km/L)
S3,198,80019.7
X3,499,10019.7
オーテック4,205,300--
G4,298,80019.7
オーテック アドバンスドパッケージ4,846,600--
S e-4ORCE 4WD3,479,30018.4
X e-4ORCE (2列シート) 4WD3,799,40018.4
X e-4ORCE (3列シート) 4WD3,930,30018.3
X e-4ORCE エクストリーマーX (2列シート) 4WD4,129,400--
X e-4ORCE エクストリーマーX (3列シート) 4WD4,260,300--
オーテック e-4ORCE (2列シート) 4WD4,467,100--
オーテック e-4ORCE (3列シート) 4WD4,598,000--
G e-4ORCE 4WD4,499,00018.4
オーテック e-4ORCE アドバンスドパッケージ 4WD5,046,800--
ジュン君
ジュン君

エクストレイルのグレード一覧を見ても価格が分かるだけで、グレードの違いや装備は分かりませんね。ここから気になる人気グレードの違いを詳しく説明します!

エクストレイルの売れ筋グレードを比較!グレード間の装備の違いと価格差は妥当か?

エクストレイルの装備は、日産発表の公式装備一覧表を基にしています。

X e-4ORCEとS e-4ORCEの違い

比較項目X e-4ORCE (2列シート)
装備の違い12.3インチディスプレイ
照明付フロントセンタートレイ
プロパイロット
後側方衝突防止支援システム+後側方車両検知警報
後退時車両検知警報
運転席パワーシート
価格3,799,400円
比較項目S e-4ORCE
装備の違い7インチディスプレイ
フロントセンタートレイ
クルーズコントロール
運転席シートリフター
価格3,479,300円

価格差:X e-4ORCEの方が320,100円高い

エクストレイルのX e-4ORCE (2列シート) とS e-4ORCEの違いです。

320,100円高いX e-4ORCEは安全装備や快適装備でS e-4ORCEに差を付けます。

コウさん
コウさん

特に重要性の高い装備を赤字で示したので、以下で解説しよう!

プロパイロット

高速道路走行中に先行車に自動追従走行する機能と、車線中央を走行するようステアリング操作を支援する機能を合体させた運転支援システムです。

ドライバーはペダル操作から解放され、ステアリング操作に過度に力が入ることもなくなるので疲労が軽減されます。

同時に追突事故や車線逸脱による事故リスクも大幅に軽減されるなど、安全上のメリットも大きい装備です。

後側方衝突防止支援システム+後側方車両検知警報

nissan.co.jp/x-trail

後側方車両検知警報は、隣車線の後方に車両を検知すると警報で注意を促す装備です。

また後側方衝突防止支援システムは、隣車線の後方に車両がいるにもかかわらず車線変更しようとすると、警報と同時に元の車線に戻るようステアリング操作を支援します。

この2つの装備があれば、車線変更時に起きがちな接触事故を防げるでしょう。

後退時車両検知警報

nissan.co.jp/x-trail

バックで出庫する際、後方左右から接近する車両を検知すると警報でドライバーに注意を促します。

バックでの出庫は安全確認が難しく接触事故のリスクが付きまといますが、この装備があれば安心です。

運転席パワーシート

nissan.co.jp/x-trail

運転席の前後スライド・リクライニング・リフター・サイサポート (シート前端部高さ) の4項目を電動調整できます。

手動調整式よりもイージーかつキメ細かい調整が可能です。

ベストなドライビングポジションが容易に得られます。

コウさん
コウさん

X e-4ORCEはS e-4ORCEより約32万円高価だが、その分安全かつ快適に乗れるので出費の価値は十分ある。特にプロパイロットのメリットは絶大だが、逆に言えば一般道メインで使うなら割り切ってS e-4ORCEの選択もありだぞ。

エクストレイル X e-4ORCE エクストリーマーXとX e-4ORCEの違い

比較項目X e-4ORCE エクストリーマーX
装備の違いLEDフォグランプ
サイドターンランプ付電動格納式ドアミラー
防水シート
運転席・助手席パワーシート
パーソナルドライブポジションメモリーシステム
リモコンオートバックドア
エクストリーマーX専用エクステリア
リアLEDフォグランプ
価格2列シート:4,129,400円
3列シート:4,260,300円
比較項目X e-4ORCE
装備の違い電動格納式ドアミラー
運転席パワーシート
価格2列シート:3,799,400円
3列シート:3,930,300円

価格差:X e-4ORCE エクストリーマーXの方が330,000円高い

エクストレイルのX e-4ORCE エクストリーマーXとX e-4ORCEの違いです。

33万円高いX e-4ORCE エクストリーマーXは、主に快適装備でX e-4ORCEに差を付けます。

コウさん
コウさん

あると特に便利な装備を赤字で示したので、以下で解説しよう!

LEDフォグランプ

nissan.co.jp/x-trail

霧や豪雨などの悪天候時にヘッドライトの明かりを補助するランプ。

LED光源なので明るさや寿命の長さも申し分ありません。

またルックス面でも絶妙なアクセントになります。

パーソナルドライビングポジションメモリーシステム

※X e-4ORCEは37,400円でメーカーセットオプション設定

nissan.co.jp/x-trail

運転席のドライビングポジションを2つまで記憶、ワンタッチで呼び出せる装備です。

家族に複数の運転免許保有者がいる場合、いちいちドライビングポジションを調整し直すのは意外と面倒なもの。

パーソナルドライビングポジションメモリーシステムは、そんな煩わしさを解消してくれます。

リモコンオートバックドア

※X e-4ORCEは66,000円でメーカーセットオプション設定

nissan.co.jp/x-trail

足先をバンパー下部にかざすだけでバックドアが電動開閉。

両手が荷物で塞がっている時や子供を抱いている時などに大変重宝します。

インテリジェントキーにもバックドア開閉ボタンが付いているので、離れた場所からの開閉も可能です。

 

コウさん
コウさん

X e-4ORCE エクストリーマーXは33万円分に相応しい装備が付くので、予算に余裕があれば是非選びたい。しかし運転するのが自分だけで、荷室に荷物を積む機会が少ないならX e-4ORCEで妥協するのもいいだろう。

エクストレイル G e-4ORCEとオーテック e-4ORCEの違い

比較項目G e-4ORCE
装備の違いプロパイロットパーキング
インテリジェントルームミラー
インテリジェントアラウンドビューモニター
ヘッドアップディスプレイ
ワイヤレス充電器
エアコン運転席・助手席・後席独立温度調整機能
タイプC USB電源ソケット
日産コネクトナビ
ETC2.0ユニット
プロパイロット緊急停止支援システム
SOSコール
235/55R19タイヤ+19インチアルミホイール
価格4,499,000円
比較項目オーテック e-4ORCE (2列シート)
装備の違い防眩式ルームミラー
サイドアンダーミラー
エアコン運転席・助手席独立温度調整機能
オーテック専用インテリア
オーテック専用エクステリア
255/45R20タイヤ+20インチアルミホイール
価格4,467,100円

価格差:G e-4ORCEの方が31,900円高い

エクストレイルのG e-4ORCEとオーテック e-4ORCE (2列シート) の違いです。

この2グレードの価格は接近していますが、装備にかなり違いがあることが分かります。

装備のG e-4ORCE、内外装のオーテック e-4ORCEと言えるでしょう。

コウさん
コウさん

重要性の高い装備を赤字で示したので、以下で解説しよう!

プロパイロットパーキング

駐車時にステアリング・アクセル・ブレーキ・シフト・パーキング操作の全てを自動で行ってくれる装備です。

並列駐車だけでなく縦列駐車にも対応します。

ボタンひとつで駐車が完了するので、特に駐車が苦手な人には嬉しい装備と言えるでしょう。

インテリジェントルームミラー

※オーテック e-4ORCEは415,800円でメーカーセットオプション設定

車両後部に搭載されたカメラの映像をルームミラーに表示。

後席の乗員や荷物の有無に関わらず、良好な後方視界を約束します。

また雨天時もクリアな後方視界が得られるなど、メリットの大きい装備です。

インテリジェントアラウンドビューモニター

※オーテック e-4ORCEは415,800円でメーカーセットオプション設定

nissan.co.jp/x-trail

インテリジェントルームミラーに車を上から見下ろしたような映像を表示し、駐車をサポートします。

自車の置かれている状況が手に取るように分かるので、プロパイロットに頼らずとも容易に駐車できるでしょう。

また周囲に人や自転車などの移動物を検知すると表示とブザーでお知らせする機能も付くので、安全確認のサポートも万全です。

日産コネクトナビ

※オーテック e-4ORCEは415,800円でメーカーセットオプション設定

nissan.co.jp/x-trail

様々なサービスの恩恵に預かれる日産コネクト搭載のナビを標準装備します。

最速ルート検索や地図の自動更新、オペレーターと繋がるサービスの他、スマホと連携した多彩な機能を搭載。

3画面表示機能や地デジチューナーも搭載するなど、利便性は抜群です。

コウさん
コウさん

価格は接近しているが、安全装備・快適装備重視なら間違いなくG e-4ORCEがおススメだ!オーテック e-4ORCEのスタイリッシュな内外装も捨て難いが、自分なら実用性重視でG e-4ORCEを選ぶ。

エクストレイル オーテック e-4ORCE アドバンスドパッケージとオーテック e-4ORCEの違い

比較項目オーテック e-4ORCE アドバンスドパッケージ
装備の違いアダプティブLEDヘッドライトシステム
ドアロック連動格納・リバース連動下向き・ポジションメモリー連動機能付ドアミラー
インテリジェントルームミラー
インテリジェントアラウンドビューモニター
エアコン運転席・助手席・後席独立温度調整機能
日産コネクトナビ
ETC2.0ユニット
ロールサンシェード
アンビエントライト
タイプC USB電源ソケット
プロパイロット緊急停止支援システム
SOSコール
価格5,046,800円
比較項目オーテック e-4ORCE (2列シート)
装備の違いドアロック連動格納機能付ドアミラー
防眩式ルームミラーサイドアンダーミラー
エアコン運転席・助手席独立温度調整機能
価格4,467,100円

価格差:オーテック e-4ORCE アドバンスドパッケージの方が579,700円高い

エクストレイルのオーテック e-4ORCE アドバンスドパッケージとオーテック e-4ORCEの違いです。

オーテック e-4ORCE アドバンスドパッケージは約58万円も高いだけあり、快適装備・安全装備で大きく差を付けます。

コウさん
コウさん

以下で、赤字で示した装備について解説しよう!

アダプティブLEDヘッドライトシステム

nissan.co.jp/x-trail

夜間にハイビームで走行中、先行車や対向車を検知すると自動で照射範囲を調整する装備です。

相手への幻惑を防ぎながら視界が確保できます。

ロールサンシェード

nissan.co.jp/x-trail

後席のドアウィンドウ下部に引出し式のサンシェードを内蔵。

日差しを和らげたい時だけでなく、外からの視線を防ぎたい時にも役立ちます。

ミニバンではお馴染みの装備ですが、SUVで備わるのは珍しいと言えます。

アンビエントライト

nissan.co.jp/x-trail

フロントセンタートレイ、ドアトリム、電制シフトを照らすライトです。

夜間のアクセス性が向上し、手で場所を探る必要がなくなります。

コウさん
コウさん

オーテック e-4ORCE アドバンスドパッケージはエクストレイルの最上級グレードだけに、装備の充実度は申し分ない。ただ58万円の価格差は大きいので、無理をせずオーテック e-4ORCEで納める手もありだ。

アクセル踏み間違い防止機能の付いたエクストレイルのグレードは?

エクストレイルはアクセルの踏み間違いによる暴走を防ぐ「踏み間違い衝突防止アシスト」が全車に標準装備されます。

エクストレイルの売れ筋人気グレードランキング

エクストレイルのグレードがどうしても決められない場合、売れ筋の人気グレードや販売比率を参考にすると良いでしょう。

実際の流通台数を調査して、エクストレイルの人気グレードランキングを作りました。

※売れ筋グレードランキングの根拠は、中古車オートオークション(USS,TAA,HAA,CAA,JU,アライ,ベイオーク,ミライブ他)での合計取引台数を元にランキングしています。

順位グレード名3年後のリセール
1位X
2位X エクストリーマーX
3位S
4位オーテック
5位G
6位オーテック アドバンスドパッケージ

※2022年式モデルを対象に流通台数を調査

エクストレイル Xの流通台数が一番多く、売れ筋のグレードランキング1位です。

買いやすい価格や、必要十分な装備が付くことが人気の理由でしょう。

エクストレイルのおすすめグレードはコレ

nissan.co.jp/x-trail

  • エクストレイル X e-4ORCE エクストリーマーX
  • エクストレイル X e-4ORCE

エクストレイル X e-4ORCE エクストリーマーXのおすすめの理由

エクストレイルのグレード体系は基本的に5タイプがラインナップされていますが、コストパフォーマンス重視でおすすめを選ぶなら「X e-4ORCE エクストリーマーX」です。

ひとつ下のX e-4ORCEと比べ装備が格段に充実しているので、むしろお買い得感があります。

ひとつ上のオーテック e-4ORCEはやや割高感があるので、やはりコストパフォーマンスで選ぶならX e-4ORCE エクストリーマーXです。

エクストレイル X e-4ORCEのおすすめの理由

人気の観点からエクストレイルのおすすめグレードをあげるなら、売れ筋ランキングトップの「X e-4ORCE」です。

手の届きやすい価格や必要十分な装備が付くことが人気の理由で、万人向けグレードになっています。

人気グレードはリセールバリューも期待できるので、その意味でもおススメです。

エクストレイルおすすめグレードの乗り出し価格は

エクストレイルのおすすめグレードの見積シミュレーションです。

値引きや人気オプションを含めたリアリティのある乗り出し価格なので、参考にどうぞ。

エクストレイル X e-4ORCE エクストリーマーXの乗り出し価格

グレード名エクストレイル X e-4ORCE エクストリーマーX (2列シート)
車両本体価格4,129,400円
メーカーオプション名ブリリアントホワイトパール / スーパーブラック 2トーン
メーカーオプション価格77,000円
ディーラーオプション名ナビレコお買い得パック+ETC2.0
サイドバイザー
フロアマット
ディーラーオプション価格424,699円
諸費用126,324円
車両目標値引き▲150,000円
オプション値引き▲85,000円
乗り出し価格4,522,423円

メーカーオプションは2トーンカラーを選択、ディーラーオプションはナビ+ドライブレコーダー+ETC2.0のセット等を選び、値引きを入れて乗り出し価格452.2万円となりました。

エクストレイル X e-4ORCEの乗り出し価格

グレード名エクストレイル X e-4ORCE (2列シート)
車両本体価格3,799,400円
メーカーオプション名ブリリアントホワイトパール
メーカーオプション価格44,000円
ディーラーオプション名ナビレコお買い得パック+ETC2.0
サイドバイザー
フロアマット
ディーラーオプション価格424,699円
諸費用126,324円
車両目標値引き▲150,000円
オプション値引き▲85,000円
乗り出し価格4,159,423円

メーカーオプションは人気カラーのブリリアントホワイトパールを選択、ディーラーオプションは先程と同じ物を選び、値引きを入れて乗り出し価格415.9万円となりました。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円の差額・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、ナビクル車査定です。

1分ほどの入力で買取店への査定申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

リセールの低い車種やグレード・カラーは、逆を言えば中古車では割安で買える事になります。

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しの事ならなんでも相談してみるといいでしょうね。

【中古車のガリバー】中古車購入

 

タイトルとURLをコピーしました