あなたのカローラフィールダーを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

カローラフィールダーのガチな査定相場を紹介!

カローラフィールダーの無料ネット査定

あなたのカローラフィールダー、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがカローラフィールダーの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

カローラフィールダーの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のカローラフィールダーの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

カローラフィールダーのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのカローラフィールダーを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のカローラフィールダーの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】カローラフィールダーの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

カローラフィールダーで査定が高くなる組み合わせは?

カローラフィールダーの高額査定が期待できる組み合わせは?

カローラフィールダーで高い査定が出るグレードはコレ!

1.5Gダブルバイビー
1.5X
ハイブリッドGダブルバイビー
4WD

カローラフィールダーの中でも、特に買取査定が高くなるグレードは上記の通りです。

エアロツアラー系の後継車となる1.5Gダブルバイビーは精悍さが際立つ特徴的なスタイルから人気が高く、査定相場でも高水準を維持しています。

1.5Xは輸出相場を視野に入れた時、初期費用の安さから相対的にリセールバリューが高くなるため、長距離を乗るユーザーにおススメです。

一般的に、初期費用が高くつくため相対的にリセールバリューが低くなりがちなハイブリッドですが、3年落ちでは国内需要がメインとなるカローラフィールダーでは、ハイブリッド系も高額査定が期待できます。

その中でも精悍なエアロスタイルから高人気のハイブリッドGダブルバイビーは頭一つ抜き出ているため、売却時の査定額が期待できます。

4WDは販売台数の少なさと、悪路や雪道など一定のニーズから、国内市場では安定した高額査定が期待できるため、高値売却を目指しましょう。

カローラフィールダーで高い査定が出る人気色はコレ!

カローラフィールダーの高額査定が期待できる人気カラー

ホワイトパールクリスタルシャイン
ブラックマイカ

カローラフィールダーの中古車買取で高額査定を期待できる人気カラーが、こちらです。

ホワイト・ブラック系の2カラーは「無難さ」を好む日本人の感性にフィットし、鉄板とも言える安心感があるため、中古車販売店も売れ残ってしまうリスクが低く、積極的に仕入れるため、カローラフィールダーでも安定した高額査定が期待できます。

ホワイト・ブラック系の人気カラーとその他のカラーとでは、5年以内の売却で買取査定に15万~25万円以上の金額差がついてしまう事もありますから、カローラフィールダーの人気カラーを所有しているなら、売却時はしっかりと交渉して相場の上限で売るようにしましょう。

カローラフィールダーで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

合皮シート(1.5Gダブルバイビー、ハイブリッドGダブルバイビー)
スマートエントリーシステム(1.5G)
ルーフレール(1.5G、1.5X)

カローラフィールダーの買取査定アップにつながるメーカーオプションはこちらです。

カローラフィールダーの高額査定が期待できる人気オプション・合皮シート

合皮シートは明るいホワイト色調で車内を明るくし、ハイグレード感を高めると共に、座り心地や快適性を向上させるため、買取査定アップにつながります。

ただし、ホワイト系は同時に汚れの目立ちやすい色でもあるため、汚してしまうと標準装備(ブラック色調)状態よりも査定額がダウンしてしまうリスクもあるため、丁寧に乗ることが前提となります。

カローラフィールダーの高額査定が期待できる人気オプション・スマートエントリーシステム

スマートエントリーシステムは1.5Gのみメーカーオプションとして装着できますが、その便利さは、あると無いでは大違い。管理人も愛用しています。

査定額アップのみならず、ご自身で乗られる上でも便利な装備です。

カローラフィールダーの高額査定が期待できる人気オプション・ルーフレール

ルーフレールはカローラフィールダーの屋根に荷物を固定するためのパーツで、活用の幅が広がると共に、ファッション性も向上するため、人気オプションの一つです。

また、輸出買取相場に出す上でルーフレールの装着が条件となっていることもあるため、売却時に有利な装備と言えるでしょう。

カローラフィールダーの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

カローラフィールダーの査定ダウンにつながる不人気カラー

シルバーメタリック
オレンジメタリック

ホワイト・ブラック系の人気カラーと比べると、それ以外のカラーではどうしても相対的にカローラフィールダーの買取査定が20万円前後も安くなってしまいます。

でも、せっかくの愛車ですから、その差額で自分の好きなカラーを楽しめるならそれでも良し、という考え方も、個人的にはアリだと思います。

修復歴による査定の減額

レガシィのマイナス査定となってしまう修復歴

どんな車種・グレードにも言える事ですが、事故などにより修復歴があると、故障再発のリスクからユーザーが敬遠するため、カローラフィールダーの買取査定に大きなマイナスとなってしまいます。

新車から5年以内のカローラフィールダーでは、修復歴があることで20万円以上の価格差が出てしまうこともあります。

カローラフィールダーの高額査定を実現するためにも、日頃から安全運転や小まめなメンテナンスなど、大切に乗ることが必要です。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

カローラフィールダーの査定相場に影響するモデルチェンジ

過去10年間にわたり、カローラフィールダーの査定相場を調べていくと、フルモデルチェンジ・マイナーチェンジを境として、それ以前の年式・モデルの査定相場が大幅に下がっているのが判ります。

カローラフィールダーの内外装に大規模な変更が加えられ、エンジン等の仕様も変わる事があるフルモデルチェンジや、それよりやや小規模ながら、一部改良と異なり内外装やエンジン等に大きめの変更が加えられるマイナーチェンジは、ユーザーの注目を集めるため、カローラフィールダーの査定相場に大きな影響を与えます。

相場の変動にもよりますが、フルモデルチェンジ/マイナーチェンジの前後では、カローラフィールダーの査定相場に15万~30万円以上の価格差が生じています。

「カローラフィールダーを売却しようかな」とお考えであれば、モデルチェンジの約3ヶ月前からカローラフィールダーの査定相場が下がり始めるため、注意が必要です。

モデルチェンジの情報は事前からキャッチできるため、日頃からアンテナを伸ばし、少しでもお得にカローラフィールダーを売却しましょう。

輸出によるカローラフィールダーの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

現行型(3代目・2012年5月~販売中) 不明
2代目(2006年10月~2012年5月)
新車登録から5年以内:50万~100万円
新車登録から7年以内:30万~50万円
新車登録から7年以降:5万~15万円
初代(2000年8月~2006年10月)
4WD:5万~15万円
2WD:5万~30万円

過走行や修復歴などによって、国内買取相場から外れてしまうようなコンディションの悪いカローラフィールダーでも、輸出買取相場だったら上記の相場で売れるチャンスがあります。

ただし、ハイブリッド車や4WDは輸出に弱いため、国内市場での販売を見越して価値を残しておく必要があります。

基本的に国内市場での需要が高いカローラフィールダーが輸出買取相場に出される時は、相応にコンディションも悪くなっているため、グレードによる差は査定相場にほとんど影響しなくなっています。

そこで、先ほど紹介した1.5Xのような初期費用の安いグレードほど、相対的なリセールバリューの高さを引き出すことが出来るのです。

仕事に趣味にたっぷり走って、十分元を取ってから海外に送り出してやれば、カローラフィールダーのお得感を最大限に味わえるでしょう。

と言っても、完全に動かなくなるまで乗りつぶしてしまうと、輸出買取相場でも値段がつかなくなる場合があるため、普通に乗れる・走れる状態をキープしてカローラフィールダーを売るようにしましょう。

カローラフィールダーを輸出買取相場で売るためには、ディーラーではなく中古車買取店に持っていく必要があります。

ディーラーだと買取査定ゼロ円&処分手数料と言う結果でも、中古車買取店なら5万円程度でカローラフィールダーを買い取って貰える可能性が残されているので、諦めずに買取店で査定して貰いましょう。

カローラフィールダーの査定相場とリセールバリューは?ディーラー下取り相場と推移を比較

カローラフィールダーの査定相場とリセールバリュー

ここでは、実際の業者オークションの落札相場をベースに、当サイトで査定したカローラフィールダーの査定相場とリセールバリューを紹介しています。

現行型(3代目)カローラフィールダーの査定相場(2018年8月査定)

現行型(3代目)カローラフィールダーの査定相場とリセールバリュー

2012年5月~販売中

カローラフィールダー 1.5X/色:白黒/修復歴なし/新車価格165.6万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 126万円 76.0% 107万円
2017年 1.4万キロ 122万円 73.6% 103万円
2016年 1.2万キロ 115万円 69.4% 89万円
2015年 2.8万キロ 102万円 61.5% 76万円
2014年 3.9万キロ 62万円 37.4% 47万円
2013年 4.9万キロ 46万円 27.7% 35万円
2012年 6.6万キロ 44万円 26.5% 27万円

現行型(3代目)カローラフィールダーの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

3代目カローラフィールダーは2017年10月、2015年3月の2回マイナーチェンジが入っていますが、2018年式は車両状態の悪いクルマ(査定評価点3.5。通常は4.0以上)しかなかったため、あまり差が見られない一方で、2015年式と2014年式には40万円もの査定差額が生じています。

後は年式相応に穏やかな下降傾向を示しており、3年落ちリセールバリューは61.5%と普通乗用車の平均値(50~55%)を上回っています。

2代目カローラフィールダーの査定相場(2018年8月査定)

2代目カローラフィールダーの査定相場とリセールバリュー

2006年10月~2012年5月生産モデル

カローラフィールダー 1.5X/色:白黒/修復歴なし/新車価格144.9万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2012年 5.0万キロ 44万円 30.3% 27万円
2011年 7.4万キロ 40万円 27.6% 25万円
2010年 8.0万キロ 31万円 21.3% 17万円
2009年 9.1万キロ 17万円 11.7% 12万円
2008年 12.1万キロ 12万円 8.2% 7万円
2007年 12.8万キロ 12万円 8.2% 0万円
2006年 15.7万キロ 11万円 7.5% 0万円

(※)査定相場が0万円でも、廃車業者に出せば鉄の相場によって約2万円前後+税金等の戻りで売却可能です。

2代目カローラフィールダーの査定相場とリセールバリューを、年式ごとにまとめました。

全体的に年式相応の下落傾向をしめしており、10年落ちを過ぎるとマイナーチェンジによる査定相場への影響もほとんど見られません。

輸出による底値があるため、このまま5万~15万円の査定相場で推移していくものと見られますが、ディーラー下取りでは10年落ちを限度として、値段がつかなくなっていました。

現行型(初代)カローラフィールダーハイブリッドの査定相場(2018年8月査定)

現行型(初代)カローラフィールダーハイブリッドの査定相場とリセールバリュー

2013年8月~発売中

カローラフィールダーハイブリッド 1.5G/色:白黒/修復歴なし/新車価格235.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 217万円 92.3% 169万円
2017年 0.1万キロ 177万円 75.3% 138万円
2016年 2.0万キロ 157万円 66.8% 114万円
2015年 2.9万キロ 138万円 58.7% 96万円
2014年 3.7万キロ 87万円 37.0% 68万円
2013年 5.3万キロ 84万円 35.7% 62万円

現行型(初代)カローラフィールダーハイブリッドの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

ガソリン車と同様、2017年10月と2015年3月の2回マイナーチェンジが入っており、その前後で40万~50万円の落差が生じています。

中期型(1回目~2回目のマイナーチェンジ間)は約20万円/年ペースで下落していくものの、前期型(1回目のマイナーチェンジ前)はごく緩やかな値下がり傾向を見せています。

3年落ちリセールバリューは初期費用の高さによってガソリン車よりは不利ながら58.7%と普通乗用車の平均値(50~55%)を超える査定相場となっています。

表の右端にカローラフィールダー/ハイブリッドをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べると約5万~25万円(ハイブリッド車は約20万~50万円)ほど安くなっているのが分かります。

これはディーラーが既定のマニュアルによって査定している(人気カラーやオプション等は考慮してくれない)ためで、ディーラー下取り査定を鵜呑みにすると、最大で約50万円も損してしまうかも知れません。

流石に見逃せない金額なので、いちど買取店で査定して貰い、本当にその査定額で大丈夫か、よく比較検討した方がいいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

15年落ち&62万キロ超!低年式&過走行&修復歴ありでもカローラフィールダーは売れるのか?

2000年のデビューからロングセラーとなっているカローラフィールダーですが、低年式(10年落ち超)や過走行(走行距離10万キロ超)、そして修復歴があっても査定相場は残るでしょうか?

ここでは、中古車市場を調査して低年式&過走行&修復歴ありの条件を満たしたカローラフィールダーをピックアップ、査定相場の残る傾向を分析していきます。

低年式&過走行&修復歴ありでも初代カローラフィールダーの査定相場は残っているか?
15年落ち 初代カローラフィールダー X 623,000㎞ 白 修復歴あり
  5万円

上記のカローラフィールダーは低年式&過走行&修復歴ありに加えて「トランクフロア凹み」「室内・天張り汚れ」「左後ろパワーウィンドウ不良」と、あまり状態もよくありませんが、先ほど紹介した輸出相場により、5万円の査定相場が残っていました。

とは言え、すべての初代カローラフィールダーに査定相場が残る訳ではないため、以下に査定相場の残りやすい傾向をまとめます。

査定相場が残らなかったのは、調査対象の約4%(25台に1台)
走行距離は不問(30万キロ超で査定相場が残らなかったクルマはゼロ)
年式は15年落ち辺りから査定相場の残らないクルマが出てくる
ボディカラーはホワイトパール&ブラックが有利
グレードはガソリン車ならS、ディーゼル車ならXが多い
排気量は1,500㏄も1,800㏄も変わらない
2WDと4WDでは、2WDの方が有利
修復歴
があっても、あまり影響がない模様(約7~8割に査定相場が残っている)

これらの条件をクリアした初代カローラフィールダーであれば、約5万~25万円(4WDは5万~20万円)の査定相場が残っています。

しかし、こうした査定相場を知らないでいると、ディーラー下取りで低年式&過走行&修復歴などを理由に「ゼロ円+処分手数料」と査定されても、鵜呑みにしてしまうかも知れません。

カローラフィールダーのより正確な査定相場を知るためにも、一度買取店で査定して貰うといいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら