あなたのクラウンを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

クラウンのガチな査定相場を紹介!

クラウンの無料ネット査定

あなたのクラウン、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがクラウンの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

クラウンの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のクラウンの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

クラウンのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見られないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのクラウンを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定の利用実例」として車両情報と車の画像をサイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のクラウンの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

クラウンの無料ネット車査定の事例とご利用者の口コミ

クラウン ネット車査定の事例/千葉県 ひできさん

クラウンのネット車査定の事例 正面画像 クラウンのネット車査定の事例 横 クラウンのネット車査定の事例 後ろ クラウンのネット車査定の事例 斜め前

クラウン ロイヤルサルーン 査定相場 8万~11万円
コウさん
コウさん

お乗りのクラウン ロイヤルサルーンは、同年式・同走行距離のオークション出品車両と比べてもきれいな状態を保たれていると思います。

それでも取引金額になると、10万円前後の車両が多い相場となっています。

ちなみにホワイトパール+サンルーフであれば、13~15万円ほどの査定相場となっています。

 

クラウンを高く売るには、まず新車へ乗り換えなら、値引きの一環として上記査定相場よりも高い下取り金額になる可能性があります。新車の値引き交渉と同じように、下取り額のアップも交渉しましょう。

また、通常は査定0円~付いても数万円ほどとなるので、その場合は複数の買取店で査定してもらい、上記相場まで出す買取店を見つけられるといいでしょう。

 

また、この単価であればユーザーが参加できる買取オークションの出品も高額査定に繋がります。

直接小売りする中古車販売店が入札するので、上記査定相場よりも高値になる可能性もあります。

 

今後は現在の相場だと20万キロまでなら、普通に乗れる状態を保っていれば、5万円前後の査定相場が残っていますが、買取店ではなく廃車業者へ直接売った方が高い位なので、今後の売却等の参考にしていただければと思います。

ネット車査定利用者プロフィール ひできさん・千葉県
車名・グレード名 クラウン ロイヤルサルーン
車両データ 平成16年(2004年)式・走行118,000㎞・プレミアムシルバーパール
ディーラーの査定相場 0万円~(当サイト予測値)
ネット車査定の相場 8~11万円
実際に売れた売却金額 –万円
ネット車査定利用者のコメント 金額はやや残念な結果でしたが、20万kまで査定有りなど参考になりました。

今まで数回の中古車買い替え経験で、オークション主体の買取業者は
全部期待外れの結果だったため、そうでなさそうな業者に持ちかけるか、それでだめなら下取りを依頼するしかありませんでした。

今回内容で、買い替え決めたら、ネット査定額を押さえたうえで、これまで同様に非オークションそうな数社に打診するのが良いかと思いました。

以上、ありがとうございました

クラウンで査定が高くなる組み合わせは?

クラウンの高額査定が期待できる組み合わせは?

クラウンで高い査定が出るグレードはコレ!

2.5ロイヤルサルーン
2.5ハイブリッドロイヤル
2.0アスリートST
2.5アスリートハイブリッドS

トヨタ・クラウンの高額査定を実現するためには、まずクラウンを購入する時のグレード選択が重要になります。

大人の上質感と美意識を結晶させた伝統的なデザインと、ハイグレードな居住性を約束する車内空間から、多くのユーザーの憧れとなっている、高級車の代名詞「クラウン」。

(※ここでは、ロイヤルとアスリートに関する情報を取り扱います)

その中でも、装備の充実性からコストパフォーマンスに定評のある2.5ロイヤルサルーンや、優秀な走行性能からドライビングの愉しみを引き出し、アクティブなユーザーに人気の高い2.0アスリートSTは買取相場も高く、高額査定が期待できます。

一般的に初期費用の高さから残価率(購入価格に対する買取価格=お得の度合い)が低くなりがちなハイブリッド車ですが、その静粛性や燃費などの環境性能からニーズも高く、そうした方には、ハイブリッド車の中でも残価率の高い2.5ハイブリッドロイヤル、そして2.5アスリートハイブリッドSをおススメします。

以上、クラウンの高額査定を実現するために、これらのグレードをおススメしていますが、その他のグレードでも以下に紹介するテクニック・ノウハウを活かせば、それぞれ高額査定が狙えますので、是非ともマスターしておきましょう。

クラウンで高い査定が出る人気色はコレ!

クラウンの高額査定が期待できる人気カラー

ホワイトパールクリスタルシャイン
ブラック

クラウンの高額査定を実現するためには、ボディカラーの選択も外せないポイントとなります。

「日本の豊かな風景に似合う」というコンセプトで厳選されたクラウンのカラーバリエーション(6色)ですが、やはり日本人の美意識と感性にフィットするホワイトとブラックの2カラーは、不動の人気を誇ります。

無彩色だからこそ、どんな彩りにも映える、という事でしょう。

ホワイト&ブラックの人気2カラーとそれ以外のカラーでクラウンの中古車市場を調査したところ、3年以内の売却で、両者の査定相場には20万~50万円以上の金額差がついていました。

ボディカラーの選択が、クラウン査定の明暗を分けます。

クラウンを購入する際には、高額査定が狙えるホワイト&ブラックの人気2カラーが有利です。

クラウンで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

スライド電動ムーンルーフ
パノラミックビューモニター
本革シート

クラウンを新車で購入するのなら、工場でクラウンを製造する際一緒に作りつけるメーカーオプションの選択が重要なカギとなります。

クラウンが生産された時から取り付けられているため後付けができず、その貴重さが高額査定のポイントとなるのですが、何でもやみくもに装着すればいいというものではなく、高額査定のプラスとなるものを、上記に厳選しました。

クラウンの高額査定が期待できる人気オプション・スライド電動ムーンルーフ

天井から空の光を取り込んで車内を明るく開放的に演出できるスライド電動ムーンルーフは、老若男女を問わず高い人気を誇っており、オプション料金以上の買取査定アップが期待できるため、よほどのこだわりがない限り、是非ともつけておくことをおススメします。

クラウンの高額査定が期待できる人気オプション・アラウンドビューモニター

クラウンの車内から全周囲を見渡したような視界を獲得し、死角をなくしてドライビングの安全性を向上させるパノラミックビューモニターは、運転経験の浅いユーザーはもちろん、女性や高齢者にも人気が高いため、こちらも買取査定アップが期待できるので、おススメしたいメーカーオプションの一つです。

クラウンの高額査定が期待できる人気オプション・本革シート

本革シートの魅力は、どんな言葉で表すよりも、実際に座って貰うのが一番解ります(笑)

そのハイグレードな質感は合成皮革やファブリックの追随を許さず、使い込むほど、手をかけるほど、必ずユーザーの期待に応えてくれますから、高額査定の為にはもちろん、皆さんにも是非味わってほしいと思います。

ただし、カラーがフラクセン(色の名前。ベージュっぽい)のみで、汚れやキズに対してはシビアな査定が下されてしまいますから、くれぐれも大切に乗るのが大前提となります。

以上、これらのメーカーオプションを活用して、クラウンの高額査定をより有利に進めていきましょう。

クラウンの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

クラウンの査定ダウンにつながる不人気カラー

シルバーメタリック
プレシャスシルバー

これらのボディカラーは、残念ながらクラウンの高額査定を狙う上で不利となってしまいます。

先ほど「人気カラーのクラウンは高額査定が期待できる」と言いましたが、それは逆に言えば「そうでない≒不人気カラーのクラウンは、査定相場が下がってしまう」事になります。

クラウンは全部で13のカラーバリエーションがありますが、人気の高いホワイトパール&ブラック以外のクラウンは、相対的に査定相場が下がってしまいます。

中でもシルバー系の不利は顕著ですが、ここで「その辺をいっぱい走っているシルバーのクラウンが不人気なんて、ちょっとおかしいのでは?」という疑問を持つ方もいると思います。

確かに、シルバーは「いぶし銀」と言われるように、その渋さから大人の男性に大人気なカラーとして、クラウンのボディカラーにも多く選ばれています。

しかし、それは「新車でクラウンを購入する時の人気」であって、中古車市場ではちょっと事情が違います。

中古車市場ではクラウンのユーザー層が低年齢化し(=若い方が多くなり)、あまり渋いカラーが好まれない傾向が強まります。

こうした理由からシルバー系のクラウンは、ホワイト&ブラックの人気2カラーのクラウンに比べて、20万円~50万円以上も査定相場が下がってしまうのです。

クラウンに乗るような美意識の高い皆さんなので、こだわりもあるでしょうが、あくまでもクラウンの高額査定を目指す上では、ホワイト&ブラックの人気2カラーをおススメします。

修復歴による査定の減額

インプレッサの査定ダウンにつながってしまう修復歴

ぶつけたり壊したりなどして「修復歴アリ」に該当するクラウンは、修復歴なしのクラウンに比べて査定相場が大幅にダウンしてしまいます。

ダメージ度合いにもよりますが、中古車市場を調査したところ、3年以内の売却で50万~100万円以上もクラウンの査定相場がダウンする結果となっていました。

一瞬の不注意で、100万円以上のおカネが吹っ飛ぶ!……かも知れないのです。

さすが「高級車の代名詞」クラウン、損害のレベルが桁違いですが、感心している場合ではありません(涙)

実際にはそのダメージに対する修理コストもかかって来ますから、よくマンガなどで見る「高級車を壊されたユーザー」が、まるで「この世の終わり」のように嘆き悲しむのも無理からぬところです(※例:GT●の某教頭とか・苦笑)。

皆さんはそんな事にならないよう、日頃からクラウンを大切にしましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

クラウンの査定相場に影響するモデルチェンジ

モデルチェンジはクラウンの査定相場に大きな影響を与えますから、そのタイミングはクラウンの売却を検討する重要なポイントとなります。

モデルチェンジには大きく分けて2種類がありますが(他の細かな分類やメーカーごとの呼び方は割愛)、クラウンをまったくの新モデルとして生まれ変わらせるフルモデルチェンジ、クラウンのモデル内で大規模な改良を加えるのがマイナーチェンジとなります。

モデルチェンジがクラウンの査定相場に与える影響度合いとしては「フルモデルチェンジ>マイナーチェンジ」となります。

一般的に、モデルチェンジによってクラウンの査定相場が下がり始めるのは、モデルチェンジの入る3ヶ月前からと言われています。

もちろん、クラウンのモデルチェンジ情報は事前から出回っていますから、日頃からアンテナを張っておき、モデルチェンジ情報が入ったら、モデルチェンジの入る3か月くらいまでにはクラウンを売却できるよう、計画的に行動しましょう。

輸出によるクラウンの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

現行(2018年6年~) データ不足
14代目(2012年12月~) データ不足
13代目(2008年2月~) 30万~100万円
12代目(2003年12月~) 5万~30万円
11代目(1999年9月~)
アスリートV 15万~30万円(エンジンのみ部品取り?)
それ以外 5万~15万円
10代目(1995年9月~)
2400㏄ 5万~15万円
それ以外 5万円前後
9代目(1991年9月~)
2400㏄ 5万~15万円
それ以外 5万円前後
初代~8代目(1955年1月~1991年9月) 廃車5万円前後

過走行(目安として、走行距離1万km/年ペースを大きくオーバーすること)や修復歴、旧年式化(古くなること)によって国内市場では敬遠されてしまうようなクラウンでも、海外市場でニーズが開拓できれば、上記の輸出買取相場(底値)で買い取って貰える可能性が残されています。

【余談】
海外の多くの国では、クルマの傷とか古くなったとか、そういうことをあまり気にしていないのか、結構基準が緩かったりします(車検が義務じゃなかったり、制度が存在しない国もザラです)。
管理人も海外旅行に行くと「よくこんな状態で走っているな」と思ってしまうような、まさに「走りさえすりゃいいんだよ!」という精神を地で行くクルマをよく見かけますが、改めて我が国の安全水準の高さを実感します。

ただし、11代目以前のクラウンについては「基本的に廃車」、状態などの条件によっては上記の値段がつく、というイメージを持っていた方が無難です。

輸出買取相場が安定してくるのは12代目以降ですが、クラウンは新車価格の高さに比べてあまり底値が高くないので、あくまで「どうしても国内市場に流通させられなくなった」場合の救済措置程度に考えた方がいいでしょう。

ちなみに、クラウンを輸出買取相場に出すためには、ディーラーではなく買取店に持っていく必要があります。

ディーラー下取りに出したら「価値ゼロ円&処分手数料」でマイナスになってしまいかねない状態のクラウンであっても、買取店であれば上記の底値で救済してもらえるチャンスが残されていますから、最後まで諦めずに買取店へ持っていくようにしましょう。

しかし、完全に動かないような状態のクラウンでは、輸出買取相場にも出せず、値段がつかないこともあるので、少しでも価値を残せるよう、日頃からクラウンを大切に乗りましょう。

クラウンの査定相場と残価率は?ディーラー下取り相場と推移を比較

クラウンの査定相場と残価率

当サイトで実際に業者間オークションの相場を見て出した、クラウンの査定相場推移です。

皆さんがクラウンを売るタイミングの参考にしてください。

現行型(15代目)クラウンの査定相場(2018年8月査定)

15代目クラウンの査定相場と残価率

2018年6月~販売中

クラウン 2.0RSアドバンス/型式:ARS220/色:白黒/修復歴なし/新車価格559.4万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 –万キロ –万円 –% –万円

業者オークションを調査したところ、現行型(15代目)クラウンは発売から間もないため、業者オークションに1台も流通していませんでした。

今後、データが充実しだい更新していきます。

先代クラウンの査定相場(2018年8月査定)

2代目クラウンハイブリッドの査定相場と残価率

2013年1月~2018年6月生産モデル

クラウン 2.5ロイヤルサルーン/型式:GRS210/色:白黒/修復歴なし/新車価格447.6万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ 347万円 77.5% 289万円
2017年 –万キロ –万円 –% 264万円
2016年 0.1万キロ以下 311万円 69.4% 248万円
2015年 2.4万キロ 214万円 47.8% 164万円
2014年 4.5万キロ 187万円 41.7% 155万円
2013年 4.8万キロ 167万円 37.3% 136万円

先代クラウンの査定相場と残価率を、年式別にまとめました。

今回の調査では、2017年式がゼロ台となっていましたが、値下がり推移などから325万円(残価率約72.6%)前後と推定されます。

クラウンの査定相場を年式で追っていくと、2015年10月に入ったマイナーチェンジの影響によって100万円前後の差額が生じていますが、2016年式はこのほぼ新車同様の1台しかなかったため、差額はもう少し縮まるでしょう。

※ちなみに、マイナーチェンジ後の2015年式クラウンを調べたところ、300万円(残価率約67.0%)の査定相場が残っており、マイナーチェンジ前と比べて金額で80万円以上、残価率で20%前後の大差が生じていました。

その後は20万~25万円(残価率4~6%)前後/年ペースで値下がりしていますが、3年落ちで47.8%と普通乗用車の平均値(50~55%)を割り込み、5年落ちでおよそ新車価格の1/3まで落ち込むなど、手元に残る金額こそ大きいものの、残価率としてはかなり不利な状況です。

先々代クラウンの査定相場(2018年8月査定)

13代目クラウンの査定相場と残価率

2008年2月~2012年12月生産モデル

クラウン 2.5ロイヤルサルーン/型式:GRS200/色:白黒/修復歴なし/新車価格415.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2012年 13.9万キロ 53万円 12.7% 28万円
2011年 5.0万キロ 104万円 25.0% 72万円
2010年 7.2万キロ 106万円 25.5% 56万円
2009年 37.3万キロ 20万円 4.8% 0万円
2008年 11.2万キロ 36万円 8.6% 5万円

先々代クラウンの査定相場と残価率を、年式ごとにまとめました。

今回の調査では13代目クラウンの流通台数が少なく、2012年式と2009年式については、これらの過走行車&査定評価が低い(3.5点)クルマしかなかったため、査定相場が年式に対して極端に悪くなっています。

2010年式は純正ナビやバックモニターがついていることが高く評価され、ついていない2011年式と査定相場が逆転していました。

そして、2010年2月のマイナーチェンジを境として、前期型クラウンの査定相場が大幅に下落していることがわかります。

現行型(3代目)クラウンハイブリッドの査定相場(2018年8月査定)

現行型(3代目)クラウンハイブリッドの査定相場と残価率

2018年6月~販売中

クラウンハイブリッド 2.5RSアドバンス/型式:AZSH20/色:白黒/修復歴なし/新車価格579.9万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 –万キロ –万円 –% –万円

現行型(3代目)クラウンハイブリッドは中古車市場に1台も流通していないため、査定相場などのデータが不十分です。

今後、データが揃い次第更新していきます。

先代クラウンハイブリッドの査定相場(2018年8月査定)

14代目クラウンの査定相場と残価率

2013年1月~2018年6月生産モデル

クラウンハイブリッド 2.5アスリートS/型式:AWS210/色:白黒/修復歴なし/新車価格503.2万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 –万キロ –万円 –% 297万円
2017年 –万キロ –万円 –% 272万円
2016年 1.8万キロ 312万円 62.0% 248万円
2015年 8.2万キロ 177万円 35.1% 156万円
2014年 3.8万キロ 236万円 46.8% 173万円
2013年 4.8万キロ 226万円 44.9% 162万円

先代クラウンアスリート ハイブリッドの査定相場と残価率を、年式別にまとめました。

今回の調査では2018年式、2017年式の流通台数はゼロでしたが、類似グレードの査定相場推移などから2018年式は345万円(残価率約68.5%)前後、2017年式は330万円(残価率約65.5%)前後の査定相場が推定されます。

年式で追っていくと、2015年10月のマイナーチェンジを境に査定相場が急落しているものの、2015年式は走行距離が極端に長く、査定評価が低い(3.5点)クルマしかなかったため、2014年以前の査定相場推移から、250万円(残価率約49.6%)前後が2015年式の年式相応な査定相場と推定されます。

以上を踏まえて、先代クラウンハイブリッドはマイナーチェンジによる約60万円前後(推定値)の落差も含め、年式相応な値下がり傾向を示していると言えます。

初代クラウンハイブリッドの査定相場(2018年8月査定)

初代クラウンハイブリッドの査定相場と残価率

2008年5月~2012年12月生産モデル

クラウンハイブリッド ベースグレード/型式:GWS204/色:白黒/修復歴なし/新車価格540.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2012年 –万キロ –万円 –% 75万円
2011年 –万キロ –万円 –% 68万円
2010年 15.8万キロ 52万円 9.6% 29万円
2009年 10.7万キロ 65万円 12.0% 41万円
2008年 9.1万キロ 57万円 10.5% 36万円

初代クラウンハイブリッドの査定相場と残価率を、年式ごとにまとめました。

初代クラウンハイブリッドは流通台数が少なく、今回の調査では2012年式、2011年式の流通台数はゼロでしたが、類似グレードの査定相場データなどから2012年式は125万円(残価率約23.1%)前後、2011年式は140万円(残価率約25.9%)前後と推定されます。

初代クラウンハイブリッドの査定相場を年式で追っていくと、2010年2月のマイナーチェンジを境に査定相場の急落傾向が推定されるものの、その後は8万キロ前後から20万キロを超えても、修復歴がついても査定相場が45万~55万円前後から横ばい状態が続いており、この辺りが現状の底値と言えます。

ところで、表の右端にクラウン/ハイブリッドをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べて最大60万円以上も安くなっているのがわかります。

これはディーラーが既定のマニュアルに従い、人気カラーやオプション等を考慮しないで査定するために発生する差額で、ディーラー査定を鵜呑みにすると、これだけ損してしまうリスクを表します。

一度は買取店で査定して貰い、適正な査定相場を知った上で賢くクラウンを売却しましょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

15万キロ超!過走行や修復歴ありのクラウンでも売れるのか?

「高級車の代名詞」クラウンは、1955年のデビューから60年以上にわたるロングセラー。

せっかく買ったクラウンですから、末永く乗りたいところですが、過走行(走行距離10万キロ超)による査定相場の下落も気になります。

そこで、ここでは業者オークションの中から低年式&過走行のクラウンをピックアップ、査定相場の残る傾向について調査・分析していきます。

過走行のクラウンでも査定相場が残るか?
2010年式 クラウンハイブリッド Lパッケージ 15.1万キロ 黒 修復歴あり 
 59万円

こちらの先々代クラウンハイブリッドは、15万キロ超の過走行に加えて修復歴ありでも59万円の査定相場が残っています。

先々代クラウンハイブリッドの流通している半分以上が過走行車ですが、走行距離が10万キロを超えた辺りから50万キロ超となっても、修復歴があっても海外ニーズに支えられているため25万~35万円前後の底値がありました。

なので、普通に乗れる状態をキープしている限りはある程度のおカネを残すことができるでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら