ディアズワゴンの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

スバルディアスワゴン

新車値引き一口コメント

ディアスワゴンが発売されました。ダイハツアトレーワゴンのOEMモデルです。車自体はすでにアトレーワゴンがあるので、新型ではありますが新鮮味も薄く、値引きもそれほど引き締められないでしょう。エブリイワゴンやバモス、本家のアトレーワゴンなどと競合していけば、値引きの上乗せが期待できます。

スバル ディアスワゴン限界値引き額

18万円

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずディアスワゴンの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

カーナビ

スバル純正ナビ パナソニック 社外ナビ
本体 ワイド エントリーメモリーナビ(ケンウッド) ゴリラナビ CN-G1200VD
画面大きさ 7インチ 7インチ
価格 95,040円 49,800円
(Amazon)
バックカメラ 35,532円 11,622円
(Amazon)
ナビ工賃 11,240円 29,800円
(Amazon)
合計額 141,812円 91,222円
純正との価格差 -50,590円
ETC最安 42,228円 6,603円
(Amazon)
ETC2.0 14,472円 13,508円
(Amazon)
カロッツェリア 楽ナビ

ディアスワゴンに装着するカーナビは、スバルの純正品でももちろんいいのですが、ほぼ同品質で割安な社外品ナビもおすすめです。

上の表は実際に純正ナビと社外品ナビでそれぞれ見積もりをとってみた結果ですが、Amazonで見つけたパナソニックのゴリラナビ、比較対象としてピックアップしたカロッツェリアの楽ナビともども、純正品よりも安く性能でも負けていません。

後方視界の確保に役立つバックカメラや、ナビの取りつけ工賃も含めて約9.1万円と純正品で揃えるよりも約5万円も安く上がりました。

値引き交渉でディアスワゴンの車両本体から5万円の値引きをひねり出すのは一苦労ですが、ナビを純正から社外品に変えるだけで、何の労力もなく5万円もディアスワゴンの支払総額が下がるとあれば、検討の価値は十二分と言えるでしょう。

更にコストを下げたいなら、ディアスワゴンの新車購入時にディーラーへこれらの社外品を持ち込み、工賃サービスを契約条件に加えるよう交渉しましょう。

成功すれば手間もおカネも節約できて満足感の高い買い物となるでしょう。

フロアマット

ディアスワゴン純正フロアマット

  • フロアカーペット 15,120円
  • フロアマット(縁高) 13,500円
  • ラバーマット(フロント) 7,020円
  • ラバーマット(リア) 4,860円

社外品ディアスワゴン用フロアマット


・純正品との差額 0.6万~0.9万円以上

ディアスワゴンにこちらの社外品フロアマットを選ぶと、純正品(定価)よりも6千円から9千円の割安となり、実質的に値引きしてもらうのと同じ効果となります。

こちらの社外品フロアマットは純正品にも見劣りしないクオリティの高さで、割安な分だけコスパにより優れていると言えるでしょう。

ディアスワゴンくらいの車格であればフロアマットを敷くのも比較的楽なので自分で作業してもいいですし、もし面倒だと思ったら、新車購入のタイミングにディーラーへ持ち込めば工賃サービスで取りつけてくれることも多いです。

ドアバイザー

ディアスワゴン純正ドアバイザー

  • ドアバイザー(ワイド) 20,520円
  • ドアバイザー(レギュラー) 14,580円

社外品ディアスワゴン用ドアバイザー


・純正品との差額 0.8万~1.4万円以上

ディアスワゴンを購入する時、ドアバイザーにこちらの社外品を選ぶことで、8千円から1.4万円ほど割安となるので、その分だけ値引きして貰ったのと同様の効果が得られます。

ドアバイザーの取りつけは出来る方は自分でやってもいいですが、少しコツがあるため自信のない方はディーラーでお願いし、工賃のサービスなどを交渉するのも手です。

ドライブレコーダー

ディアスワゴン純正ドライブレコーダー

  • ドライブレコーダー(パイオニアナビ連動) 37,314円
  • ドライブレコーダー(ケンウッドナビ連動) 35,640円
  • ドライブレコーダー(単独使用専用) 34,560円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 2.8万~3.1万円以上

ディアスワゴンに装着するドライブレコーダーはスバルの純正品でもいいのですが、スペック面で純正品と互角で、かつ価格的に割安となるハイコスパな社外品を選ぶと、ディアスワゴンの支払総額をおさえることができます。

ドライブレコーダーは慣れない方が取りつけるのは大変なので、ディアスワゴンを新車で購入するタイミングを見計らってディーラーへ持ち込み、取りつけ工賃の無料サービスを交渉していきましょう。

コウさん
コウさん

ディアスワゴンの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

月販目標台数

50台

ディアスワゴン取り扱いディーラー

スバル店

ディアスワゴンの各グレードの価格は?

ディアスワゴンのグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
RS スマートアシスト 1,560,600 15.2
RS リミテッド スマートアシスト 1,679,400 15.2
RS スマートアシスト 4WD 1,695,600 15.2
RS リミテッド スマートアシスト 4WD 1,814,400 15.2

ディアスワゴンのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

当面予定なし

モデルチェンジ推移

2017年11月13日マイナーチェンジ
2009年9月3日フルモデルチェンジ、ディアスワゴン発売
2008年8月4日特別仕様車「Dias Wagon Limited」
2008年7月18日一部改良
2007年12月6日一部改良
2007年4月10日特別仕様車
2005年11月7日一部改良
2002年9月マイナーチェンジ
1999年10月12日デビュー

主要諸元

全長×全幅×全高(mm)

3395×1475×1875

最小回転半径(m)

4.6

室内長×室内幅×室内高(mm)
2020×1285-1310×1350
乗車定員(名)

4

車両重量(kg)

1000-1050

駆動方式
FR 4WD
排気量(L)
0.658
最高出力 kW(PS)/r.p.m

47(64)/5.700

最大トルク N・m(kg・m)/r.p.m
91(9.3)/2.800
燃費(km/L)
15.2
使用燃料
レギュラー

有効な競合車

バモス アトレーワゴン エブリィワゴン タウンボックス スクラムワゴン

ディアスワゴンのグレード別リセールバリューは?

ディアスワゴンの新車から3年経過後の各グレードのリセールバリューです。どのグレードのリセールがいいのか?グレード選びの参考にしてください。

※3年落ち走行3万キロ前後、修復歴なし、白黒、年式なりの車両状態の相場データです

ディアスワゴンのグレード名 3年後の買取相場 新車価格(円) リセールバリュー
RS スマートアシスト 80万円 1,560,600 51.5%
RS リミテッド スマートアシスト 79万円 1,679,400 47.2%
RS スマートアシスト 4WD –万円 1,695,600 –%
RS リミテッド スマートアシスト 4WD –万円 1,814,400 –%

ディアスワゴンを残価設定ローンで購入すると月々の支払額はいくら?

ここでは、ディアスワゴンを残価設定ローンで購入した場合の月々支払額をシミュレーションしています。

34回払いと58回払いの2通りを紹介しているので、ディアスワゴンを購入する時の参考にどうぞ。

グレード名 ディアスワゴン RSリミテッド
車両本体価格 1,679,400円
車両本体値引き ▲150,000円
メーカーオプション価格 27,000円
ディーラーオプション価格 142,452円
ディーラーオプション値引き ▲28,000円
諸費用 118,910円
支払総額 1,789,762円
頭金 209,762円
ローン元金 1,580,000円(※上限:メーカー希望小売金額)
支払回数 34回払い
(3年)
58回払い
(5年)
金利 4.40% 4.40%
初回 33,686円×1回 28,630円×1回
2回目以降 32,400円×32回 24,700円×56回
最終回(残価) 647,000円×1回
(37.6%)
379,000円×1回
(21.1%)
金利を含む支払総額 1,717,486円 1,790,830円

※選択するオプションや値引き金額(交渉の成否)、頭金の有無でもローン元金は変わるため、月々の支払額は変動します。

※また、店舗で設定する利率によっても異なるため、上記は参考値として、実際の支払金額についてはディーラーでタイムリーな見積もりを出してもらいましょう。

下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...